乳児の首にあせもができてしまいました。

近年、暑い日光も手広く、小学校の幼児の首にあせもができてしまいました。
「むず痒い痒い」と言いながら、首を掻いていたので、見てみるとボツボツと吹き出物のようになっていました。
年々、夏になるとあせもに悩まされる幼児なので、今年も夏にはあせもで素肌科を受診することになるだろうとは思っていました。
でも、今の季節はまだまだ5月。確かに夏季のように暑い日光もあるので、あせもができても仕方がないのかもしれませんが、まだまだ梅雨にも入っていないこの時期にあせもに悩まされるなんて、さっきが思いやられます。
汗をかいたらこまめにクロスで拭いて汗で濡れた状態にしておかないとか、汗をきれいに洗い流すとか、あせもにならないための対策は何かとあるみたいですが、遊びだすと夢中になってしまう小学生低学年の男子なので、そんなことするはずがありませんよね。
薬はできるだけ使いたくありませんが、今年も素肌科で処方してもらった薬を頻繁に使うことになりそうです。大人ニキビは保湿すると治ります

爽やかな風を感じれました!

昨日、某ショッピングセンターへ家族と行った話になります。特に予定も無く、奥さんの日よけ帽子を見に来た私達でしたが。
そこでは高校生の吹奏楽部の演奏が丁度始まったばかりでした。

Long woman legs

大掛かりな人数の演奏は、普段聞く事もないので足と止め見る事に…これがイイんですよ。
演奏曲は懐メロを中心にすこし落ち着いた曲をアレンジで、私の親世代の曲を平成生まれの子達が演奏するのは新鮮です。

今まで気が付かなかったのですが、地味な打楽器(失礼な書き方ですいません)の存在感の大きさです。
カスタネット、トライアングル、ベル等は曲間や曲終わりの大切な要素だと恥ずかしながら感心しました。

男女混合で部活は経験無いので見ると爽やかですね!みんなの笑顔もナチュラル感が出てます。
演出の中に男子部員のパフォーマンスがあり、5人~10人ほどでボンボンや旗?みたいな道具でダンスも披露してくれました。
これは陸上のウォーターボーイズみたいでカッコいいと思いました。

結局、最後まで家族みんな釘付け状態で大満足です。高校生の演奏もそうですが、笑顔に癒されました!